FRP浴槽の湯垢シミ落とし

FRP浴槽研磨再生前

FRP浴槽の湯垢シミ汚れを研磨して落とし、ツヤと機能を回復させます。バスタブは経年の使用により喫水線のあたりにどうしても湯垢汚れで黄色や茶色く目立ってくることがあります。この湯垢汚れはクリーニングでは落とせません。

汚れではなく、FRP浴槽自体が劣化し繊維層内部が変色してしまった場合は研磨での再生は困難です。今回はぎりぎりの状態でしたが何とか再生することができました。

FRP浴槽の湯垢汚れのお悩みは、FRP浴槽の研磨再生の専門家【輝石★kiseki】にご相談ください。

皆様のお困りごとを丁寧に解決いたします。

関連記事

return top